野球経済漫画グラゼニ東京ドーム編をスマホで読んでみました💛

グラゼニ東京ドーム編をスマホで読んでます。ネタバレ感想をレビューします。

グラゼニ東京ドーム編 2巻 ネタバレ 感想 【凡田試練!!】

グラゼニ東京ドーム編  2巻 ネタバレ 感想 

 

 

 

 

2児の子育て奮闘中、

シングルマザーの美月です。

 

 

 

コミなびで読んでます、

グラゼニ東京ドーム編」のブックレビューしていきます

 

 

 

 

私は漫画が大好きで、

いつでも、どこでも読みたいので、

電子コミックサイトを利用してます。

 

 

 

 紙の本より安いですし、

続きをどの端末でも読めるので気にいってます。

皆さんも是非読んでみてください。

 

⇒コミなび

 

グラゼニ東京ドーム編」で検索してみてくださいね♪

 

 

 

 

2巻は第12話~第21話まで収録されてます。

 

ここからは2巻のネタバレ

 

見たくない人は上のサイトから

アクセスしてみてくださいね♪

 

 

 

 

凡田の東京ドーム初登板。

1点勝ち越でマウンドへ上がり、

2アウトとり、最後の打者もレフトフライ。

 

 

 

が、レフト富士野、照明目に入り、後逸。

記録は2塁打で、凡田いきなりのピンチです。

 

 

 

その後二人四球を出し、2アウト満塁で、

レフト前ヒットを許します。

 

 

 

 

。。。。が、

先ほどエラーの藤野が、ショートバントで補給。

2塁でバッターランナーを刺し、0点で切り抜けます。

 

 

 

なんとか凡田は初登板、初勝利。

 

 

 

 

 

富士野は打の方は不審だったものの、

凡田と仲良くなった影響か、

その後復活。

 

 

 

 

2軍でくすぶってた、鳥海の涙目話。

 

 

 

 

同じく、凡田に2軍で教わった杉里も

1軍に上がってくる。

 

 

 

そんな中、凡田は2試合続け結果出せず。

 

 

 

 

 

古巣の神宮での試合、

後輩で同じ40番の背番号、丸金千太郎に

日本タイ記録の開幕から7試合連続ホームランを

許してしまいます。

 

 

 

その後2軍から上がってきた杉里は、

凡田とは逆に、鈴木カントクから

「ボーナスポイント査定」をもらう出来事が。

 

 

 

 

凡田が打たれた千太郎に対して

行った仕事に関しての杉里の査定。

 

 

 

その活躍とは???

 

 

 

一方、結果を出せずにいる凡田は。。。

 

 

 

 

 

1巻に続き、2巻も続け読み♪

うまく行くと思われた凡田に、

試練が、、、。

 

 

様々な人間模様での、面白さあり。

野球の展開での、面白さあり。。

年俸比較での、面白さあり。。。

 

 

 私が読んでるのはココ

 

⇒コミなび

 

グラゼニ東京ドーム編」で検索して、読んでみてください♪ 

 

 

⇒3巻のネタバレはこちら

 

 

mituki0404.hatenablog.com

 

 

mituki0404.hatenablog.com

 

 

 

 

⇒1巻のネタバレはこちら

 

 

mituki0404.hatenablog.com