野球経済漫画グラゼニ東京ドーム編をスマホで読んでみました💛

グラゼニ東京ドーム編をスマホで読んでます。ネタバレ感想をレビューします。

グラゼニ東京ドーム編 7巻後半 ネタバレ【夏之介と椎名のシンクロ。勝者はどっち??】

グラゼニ東京ドーム編  7巻後半 ネタバレ

 

 

 

 

 

2児の子育て奮闘中、

シングルマザーの美月です。

 

 

 

コミなびで読んでます、

グラゼニ東京ドーム編」のブックレビューしていきます

 

 

 

 

私は漫画が大好きで、

いつでも、どこでも読みたいので、

電子コミックサイトを利用してます。

 

 

 

 

 紙の本より安いですし、

続きをどの端末でも読めるので気にいってます。

皆さんも是非読んでみてください。

 

 

⇒コミなび

 

 

グラゼニ東京ドーム編」で検索してみてくださいね♪

 

 

 

 

7巻は第62話~第71話まで収録されてます。

 

ここからは7巻後半のネタバレ

 

 夏之介の5回。

しかし、ノーアウト満塁。

なんとかホームゲッツーで2アウトをとりますが、

ここでバッターは同郷山梨の3番大野ユキオ。

 

 

完璧な当たりも、フェンス直撃。

当たりが良すぎて大野は2塁アウトも、

2点を先制したスパイダース。

そんな凡田を辺見監督はよくやったと

ねぎらいます。

 

 

その裏、勝ち投手の権利を手に入れようと

気合十分の椎名。

しかし、夏之介同様にノーアウト満塁。

なんと、椎名もゲッツーで2アウトをとります。

ここまで全く夏之介と同様の椎名のピッチング。

そして、迎える代打は高橋ノブヨシ。

 

 

ノブヨシの打球は、ユキオと同じ放物線。

しかし、フェンスギリギリを超え、ホームラン。

そして、7回にも1点を加えたモップスは、

8回予定どおり、則川を投入。

 

 

則川は夏之介の勝利のために投げますが、

それが逆にプレッシャーとなり、打たれます。

1点を返され、ヒットなら逆転という場面。

センター前に抜ける辺りを右足で止めます

 

 

ショートの前に転がった打球。

相手走者に当たってしまいます。

しかし、直接ではないので、アウトにはならず、

1点が入ってしまいますが。。。

 

 

審判団協議の末、走者に守備妨害があったと、

アウト。

点数も取り消されます。

そして、なんと、夏之介に勝利が付きます。

オープン戦「エサ撒き」が実らなかったスパイダースは呆然です。

 

 

 

夏之介と椎名のシンクロが面白かったですね。

そして、試合の翌日、神宮外苑から富士山が見えるという

話もこの本で知りました。

国立競技場取り壊しのため、東京で数少ない

地上から富士山が見えるスポット

があるようです。

 

今度、行ってみます。。。(≧▽≦)

 

 

 

私が読んでる電子コミックサイトはコチラ

 

⇒コミなび

 

グラゼニ東京ドーム編」で検索してみてくださいね♪ 

 

 

⇒8巻のネタバレはこちら

 

 

mituki0404.hatenablog.com

 

 

 

 

⇒7巻前半のネタバレはこちら

 

 

 

mituki0404.hatenablog.com

 

今週のお題ゴールデンウィーク2017」